2017年11月16日木曜日

11月のシルバーカルチャー

 11月のシルバーカルチャーの様子をご紹介します。

今日の午前の部は手芸を楽しむ企画で根付を作ります。材料は貝殻(しじみの貝殻)、はぎれ、ボンド、はさみなど。1時間で簡単にできるものです。

▲材料を用意してくださり、指導してくださったのは若林先生。いつもお世話になってます。
▲はぎれに切れ目をいれて、 大きめのしじみ貝にボンドで貼っていきます。
▲細かな作業なので、皆さん集中していらっしゃいます。
▲できました~
▲とってもきれいな根付のできあがり。
 しじみの貝殻もこんなにカワイイ根付に変身するんですね。出来上がりを見ると洋服とマッチする色を選んで作られた方がたくさんいらっしゃいました。

出来上がりは早速カバンにつけたりして作った後も楽しいです。


▲今日のお品書き

▲秋らしいメニューです。お味噌汁の良い香りにお腹が鳴りました。
▲(恒例)今月誕生日を迎えられた方にハッピーバースデイの歌を贈った後「いただきまーす」。
 午後は湊家波馬(みなとやハーバー)さんの落語を堪能しました。毎年楽しい噺を聞かせて下さるので、今年も楽しみにしていました。

▲多目的ホールが高座に早変わり。


お題は「替わり目」と「芝浜」。どちらも酔っ払いの亭主とよくできたおかみさんの噺。「芝浜」はよくできた人情話で年末になるとよく演じられるそうです。

畳とちがって女房は古い方がいいねえ、というセリフでは、うなずかれる方もたくさんいたようです。

▲皆さんニコニコの笑顔です。
ひとつの噺が20分~30分。覚えるのも大変ですねとお尋ねしたら、「替わり目」の噺では「最後ちょっと間違えちゃって」とおっしゃっていました。いえいえ中々引き込まれました。とても面白くてすぐに1時間が過ぎましたよ。

午後の部はいつもと違って地域の方にも見ていただけるようにしました。生の落語を聴ける貴重な機会ですのでぜひ次回もご参加ください。

湊家波馬さん、ありがとうございました。皆さんお疲れ様でした。来月のシルバーカルチャーも楽しみましょう!

2017年11月10日金曜日

お話コンサート

11月10日(金)ケアプラザ多目的ホールで「お話コンサート」が開かれました。7月に続いて2回目となります。

公演してくださるのはルリユールの3名。集まったお母さんと子どもたちは6組12名でした。
▲まずはこの場になれるための手遊びと準備体操。子どもたちはもうご機嫌です。

▲大きなタイコ「トントントン」、小さなタイコ(トントントン)
身体を動かす⇔静かにお話を聞く、大きな声を出す⇔小さな声を聴くという風に強弱がついているので子供たちも飽きることなく楽しんでいるようです。

▲おはなし絵本
こちらは動きのある絵本で、最後にワニ君が飛び出してきます。途中まで平面的な動きが面白いな、と思っていたらドーンと飛び出してきたワニ君にびっくりします。


ピアノの連弾を挟みました。「小さな世界」「ラ・カンパネラ」。子どもたちにとって「簡単に消化できるものだけじゃない」というのが、お話コンサートの特徴の一つでしょうか。なかなか素晴らしいです。

▲パネルシアター「人間っていいな」
パネルシアターは手作りのイラストを歌に合わせて動かしていきます。テレビアニメでも絵は動きますが、実際に切り抜いた絵が目の前で動いていくのを見るのは全然違いますね。赤とんぼが飛んで、長い影ができると夕方になった気持ちになりました。

▲絵本「ぼうしをとったら」
お話好きな女の子は一番前で食い入るように見つめていました。体を動かすのが好きな(アクション系の?)男の子も楽しそうでしたよ。

歌やお話、ピアノの技術がすばらしいのでお母さんたちにとっても楽しい時間だったことと思います。1時間があっという間でしたね。またの機会を楽しみにお待ちしています!