2017年6月11日日曜日

交流サロン カーネーション(一丁目コミハ)

六ツ川一丁目コミュニティハウスでは毎月第1火曜日に異世代交流の活動が行われています。(8月は第2火曜日)

六ツ川地区連合自治会カーネーション運営委員会による活動で、会の名称は「交流サロン カーネーション」。

六ツ川地域ケアプラザの生活支援コーディネーターに同行、訪問してきましたのでご紹介します。(6月6日)

 
おもちゃがいっぱいで子供たちもどれで遊ぶか迷いそう。ボランティアさんも楽しそうです。
0歳から未就園児までのお子さんとお母さん、それに高齢者の皆さんが一緒になって楽しく時間を過ごします。
こちらではお茶とお菓子でまったりおしゃべり。

時間は午前10時からお昼12時までの2時間。参加費(お茶代、保険料)は100円で当日参加もできます。にぎやかで楽しい会ですのでお近くの方は参加してみてはいかがですか。

2017年6月8日木曜日

横浜六ツ川保育園の皆さんが訪問

6月1日(木)。ご近所の横浜六ツ川保育園の園児14名と先生2名がケアプラザを訪問してくれました。ケアプラザの梅の実がなっている様子を見たいということです。

園庭の梅の実

白梅と紅梅の木があって白梅の実は取った後だったのですが、紅梅の実は写真のように残してありました。

ケアプラザの職員が梅の木の説明をしています。「梅の実はどこにあるでしょう?」

最初は梅の木がどれかわからず下ばかりを探していた園児たちでしたが、木の上の梅の実を発見。
園庭をさらに探検
梅の実を発見したところで、ケアプラザの園庭を奥まで見て回ることに。木もいっぱい生えているので、場所によっては葉っぱをかき分け探検気分です。

花もいっぱい咲いています

園庭は細長く100メートル以上も長さがあり、園児の皆さんも興味津々に歩いて回りました。

「ここにも梅の実がなっていますよ」

ケアプラザの建物を上の道から眺めることはあっても、庭がどうなっているか分からなかったのだそうです。実際に歩いてみると梅の実のほかにも、アジサイ、小さな花々いろいろな発見があって面白かったとのことでした。

足を蚊に刺された子もいましたが、頑張って見学できました。

今度は建物の中、デイサービスの様子を見学してみたいということですのでぜひご連絡ください。デイサービスのご利用者も喜んでくださると思いますし、園児の皆さんにとっても良い経験になると思います。


2017年6月6日火曜日

人と動物のふれあいクラブ「ぬくぬく」来館

5月30日(火)人と動物のふれあいクラブ「ぬくぬく」のみなさんがワンちゃん・猫ちゃんを連れてデイサービスを訪ねてくださいました。

六ツ川地域ケアプラザにも定期的に来ていただいているので、利用者の皆さんもお待ちかねで楽しみにしていらっしゃいます。

写真をたくさん撮りましたのでご紹介します。

ワンちゃんたちの登場です

顔なじみのワンちゃんもいるようです

用意していたひざ掛け(タオルケット)の上でごあいさつ

愛嬌たっぷりの柴犬

ちらはミニチュアダックス
猫ちゃんも2匹来てくれました。目玉ギロがかわいい!

次々にワンちゃん猫ちゃんとふれあって、笑顔がいっぱいです

お疲れ様でした。みなさん勢ぞろいしたところをパチリ!
利用者の方からは、「またお会いしたいので、元気で待っています」 「楽しかったです」 「楽しく過ごさせていただいてありがとう」 「またおいで!」 などの声が聞かれました。

少し暑くなってきて、飼い主の皆さんもワンちゃん猫ちゃんも大変だったかもしれませんがおかげで楽しく過ごせました。

ありがとうございました。次回も楽しみにお待ちしています。